捨て猫を交番に届け出ました

学校帰りに捨て猫を拾ってきた長男にびっくりした私、そして「飼いたい!」とはしゃぎまくりの長女・・・おかげで我が家は大混乱です。

とりあえず、複数匹いた捨て猫のうち、他の猫を引き取った息子の同級生のママさんに電話をしてみました。

ママさんも突然のことにびっくりしたと言っていました。

お互い近所に住んでいて、子供時代から家の行き来のある仲なので、「とりあえず、交番に届出をして、動物病院に連れて行こうか?」ということになりました。

乗り合わせた車の中では、二匹の子猫がしきりにミーミーと鳴き続けました。

ハンドルを握る私の横で、「ねぇお母さん、猫どうするの?飼っていい?飼っていいでしょう?」と、しきりに聞いてくる娘も便乗して、とてもにぎやかでした。

交番に預けることになれば、保健所送りとなり、飼主が見つからず一定期間が経過すると殺処分だとのこと、それはさすがに可哀想だと思い、拾得物の届出のみをして、猫は連れて帰ることにしました。

帰りの車では、子供達が大喜びです。

ママさんと顔を見合わせて、苦笑い・・・な、私達なのでした。

中古車買取どこがいい

自転車に乗りながら食べ物を食べる人

自転車に乗りながらものを食べている人を時々見かけます。
そういう人は、パンやおにぎりなどを食べていることが多いです。
夏はアイスを食べながら自転車に乗っている人もいます。

先日、パンでもおにぎりでもアイスでもないものを食べながら自転車に乗っている人を見かけました。
その人は、リンゴを食べていました。

リンゴを食べながら自転車に乗っている人を今まで見たことがありません。
自転車に乗りながらでは食べにくいと思います。

リンゴを食べながら自転車に乗るのは絵になりますが、実際やるのは大変な気がします。

リンゴは丸くて大きいので、片手で持ちづらいです。
丸ごとかじるし固いの食べにくいです。

でも、パンやおにぎりよりも栄養があっていいですね。

その人はちょっと堀が深くて外国人のようでした。
自転車はスポーツタイプでかっこよかったです。
日本人がママチャリに乗って同じことをしてもかっこよくは見えないでしょう。

今まで見たことがなかったので新鮮でした。

今日こそは!

最近、天気予報では晴れマークでも、雨がちょこちょこと降ってくることが多いです。

買い物に行こうと思っていたのですが、自転車なので、晴れたり雨が降りそうに曇ったりすると、なかなか家を出られません。

今週はほとんど買い物に行けておらず、晴れている日に限って用事などもあってバタバタしていたのですが、こんな時に限って調味料がどんどんなくなってしまっていき、そのため献立も限られてくるのでメニューを決めるのも一苦労です。

先週は食材のまとめ買いが沢山出来ていたので、お肉やお魚などに困る事はないのですが、今日の状態で、みりんにソースにお醤油、ケチャップにマヨネーズと、調味料ばかりがなくなっています。

煮物等の和食も醤油がないと出来ないし、揚げ物するにしてもソースがないと困りますよね。

今日まではシチューやカレーを作って調味料を使わずに凌げたのですが、今日の献立は子どものリクエストからチキン南蛮にすると約束してしまったので、今日こそは買い物に行かないと!
雨にも負けず、調味料の重さにも負けず、母は強しで頑張ります。

マイホームを買うかも?

突然ですが、マイホームを購入するかもしれません。

近くで安くて良い物件があったので、今かなり真剣に検討中です。

不動産屋さんって決算が12月のところが多いようで、今は底値に近い状況のようです。

もうすぐ消費税も上がるし、我が家の資金状況から考えると、今買わないと、もうずっと買えないかもしれないね、なんて話し合っています。

でも、いくら安いとはいえ大きな買い物。
とても迷います。

それに買うとしても、住宅ローンは借りることができるのかしら?
など、心配事もあったりして。

実は主人が転職したばかりで勤続年数が短いんですよね。

住宅ローンの審査では、結構そのあたりもチェックされるということなので、普通の銀行だと厳しいのかなあと思ったりしています。

不動産屋さんによると、フラット35を使えば、勤続年数が短くても借りやすいというお話だったので、こちらも検討してみようかなと。

不動産屋さんも、とっても急いでいるみたいで、返事は今月中にとのことでした。

うーん、どうしようかなあ。

ポジティブシンキング

いわなきゃわかってくれない!
・・・そうじゃない。

いえばやってくれるわかってくれる!
これ、いいですねぇ(笑)
ある種。

待たなきゃいけないってことなんですが。

人を育てるっておこがましい事なんです。

で、言わないとわかってくれない。

動いてくれない!
って言うのは簡単なんですけれど。

言われたらそうとうイラっとしますよね。

たいていそんなもんかとおもいます。

自分はイラっとするかもしれない。

それを察知すると、すっとその場からいなくなってクールダウン、って自分ではいいほうに考えますが。

他人様からみたら「逃げた!」ってことになります。

見方って面白い。

ダブルスタンダードって言う言い方をして。

あまりよい意味で捉えられないことのほうが多いかも。

ただ。
主観的であること。

客観的であること。

これってふたつ同じように解釈したら?
あんまり関係ないんですよね。

客観的に考えると別。

これで普通。

これをダブスタといわれたらそりゃイラー!どころの話じゃない。

自分は待つのが苦手です。

だから自分はさっさと動くため。

ひとに依頼なんかできません。

これってあんまりイイコトじゃないですね。

ペットショップにて

息子が猫を拾ってきた翌日、同じくもう一匹の猫を拾って帰った息子の同級生のママさんと、ペットショップに出かけました。

「やれやれ、昨日は慌しかったよねー。
子供たち、飼う気満々で参っちゃったわよー。

そんなことを言いながら、車を走らせていたらペットショップに到着しました。

私達は、昨日何も食べてない子猫たちのために、とりあえず、猫用ミルクをカゴの中に入れて、ケージのコーナーに向かいました。

全然知らなかったのですが、猫には猫専用のケージがあるのですね。

大きくて高さもあります。
これはきっと猫のために一部屋明け渡さなければいけない日がくるかも知れないと思いました。

それに猫用ケージって、結構お値段が張るものなのですね。
痛い出費です。

でもまさか、子供達に「捨てられていた場所に戻して来い!」などとは言えません。

とりあえず、リビングに置けそうなサイズのケージを購入して、車で持ち帰り、夜には夫に組み立ててもらいました。

思いがけない臨時出費でしたので、子供達には、今月のお小遣いを我慢してもらうことを条件に我が家で猫をお迎えすると伝えました。

まぁ、あの子達のお小遣いを一ヶ月なくしたところで購入できるような金額ではないのですが。

子供達は、快諾でした。
もう猫に夢中のようです。