子どもの寄り道

先日、子どもの学校で、お昼までに授業が終わる日がありました。

久々に早く帰ってこれるので、お昼ごはんは2人で外食にしようと思い、食べずに待っていたのですが、家に到着予定の時間から2時間近くなっても帰って来ませんでした。

不安を交えながらも心配なので、学校までの道を歩いて捜しに行きました。

なかなか見つからず、どうしようと不安になりながらも歩き続けましたが、もう学校に電話してみようと携帯を手にした瞬間、子どもたちの声が。

聞きなれた声も混じっていたので、もしかして?と思い、声の方向へ歩いていくと、我が家の子どもを含め、子どもたちが数人、公園で遊んでいました。

安心してホッとしましたが、寄り道はいけないこと等を注意し、他のお母さんも心配していると思ったので番号が分かる人には電話をしました。

やはり私のように探し回っているお母さんや心配して学校に連絡していたお母さんばかりで、私が連れて帰っている間に次々とお母さんたちが迎えに来て、事件じゃなくて本当に良かったよねと一緒に帰りながら話していました。

ドキドキハラハラで忘れていたお昼ごはんは残り物になりましたが、子どもが見つかってホッとしました。

もう寄り道はしないでほしいものです。
ボクシーgs中古車

家をしめだされちゃった。

子供が小さい頃、毎週姑が家に来ていました。
夕方、帰る頃に、私と子供が玄関先までお見送りしました。
私の家はいつも鍵をかけています。
鍵は、下に下ろすとロックされる仕組みになっています。
始めに、帰り際、姑が引き戸の扉の鍵をあけて外にでました。
私達も一緒にでました。
そして扉を閉めて姑に手を振り見送りました。
姑の姿が見えなくなり、私達が家に入ろうとすると鍵がかかっているではありませんか。

姑が引き戸の鍵を開けた時にどうやら鍵が上までロックされず中途半端で閉めており、引き戸を閉めたら勢いで鍵が下りて閉まってしまったようです。
家に入れなくなった私達は困り果てました。
姑はとっくに電車に乗っています。
携帯もないし、本当に困りました。
子供はまだ二歳です。
とりあえず、実家に電話しようと、向かいの家のインターフォンを鳴らしました。
向かいのおじさんに事情を話すと、電話を貸してくれました。
実家の母が鍵を持って家にきてくれる事に。
その間、向かいのおじさんの家におじゃまして母を待ちました。
気分は迷子センターで親を待つ子供のようです。
一時間後、母がきました。
お礼を言って自分の家に入りました。
とても長い時間でした。

長崎市 車買い取り